緑のカプセル
  • ホーム
  • 避妊に失敗!アフターピルならまだ間に合うかも!

避妊に失敗!アフターピルならまだ間に合うかも!

美人の女性

避妊方法にはいろいろなものがありますが、ほとんどの方法で失敗する可能性が残っています。
確実に避妊できるのは避妊手術を行った時などに限られており、それ以外の避妊方法をとっている場合には、誰もが避妊に失敗してしまう可能性があります。

そして、避妊に失敗してしまう時というのは誰もが予測していない時に突然起こります。
自分だけにはそのようなことが起こらないと思っていても、実際に避妊に失敗をした経験がある人の数は多く、一度の避妊の失敗で妊娠をしてしまうこともあります。

もしも、そのように避妊に失敗した時には妊娠を防ぐ方法の一つに、アフターピルを服用するという方法があります。
アフターピルは避妊用のピルと違って、避妊に失敗した時に緊急的に使用する種類のものです。
アフターピルを使用すると服用後に体の中のホルモン量に変化を起こし妊娠を抑制する作用があります。

服用により体の中に女性ホルモンが入ることでホルモンバランスに変化が起きて、受精卵が着床しにくくするという作用があります。
もしも受精卵ができてしまっている場合には受精卵が着床すると妊娠が成立してしまいます。
その前の段階に働きかけることで妊娠をしないようにします。

また排卵がまだ起きていない状態であった場合には、アフターピルを服用することで排卵する時期を何日か遅らせることで、その間に体の中に入った精子の寿命がなくなっていくことで妊娠が起こらないようにします。

どちらの場合にしても体の中に女性ホルモンを入れることで様々な変化が起こり、妊娠をしないように働くというわけですが、体に急激な変化が起こるため頭痛や吐き気といった副作用が起こることがあります。
特に吐き気がでてしまうと服用したアフターピルを嘔吐してしまうことがあるために注意が必要です。
服用して時間が経っていない時に嘔吐するとアフターピルの効果がなくなってしまうことがあるため、最初に吐き気止めを飲むなど対策をしておくと嘔吐しにくくなります。

アフターピルの場合は時間勝負なので通販も事前に

アフターピルを服用する時にもうひとつ大事な点は、服用する時間です。
避妊に失敗した性行為の後に早く飲めばその分避妊効果が高まります。
時間が経ち過ぎると妊娠が成立してしまっている可能性が高くなるので、時間がたってからアフターピルを飲んでも効果が低くなります。
基本的には性交のあと72時間以内に服用するようになっていますが、できる限り早いほうが良いでしょう。

しかし、避妊に失敗する時は予想外の出来事であることがほとんどなので、それから急いで病院を受診したりしているとあっという間に時間が経ってしまいます。
そういった急な出来事に備えておくためには、事前にアフターピルを準備しておくという方法をとると、いざという時に慌てずに対処できるようになります。

アフターピルは通販で購入することができる薬ですが、避妊に失敗してから注文をしていると届くまでに時間がかかって有効時間を過ぎてしまうことがあります。
そのような事態にならないようにアフターピルを常備しておくためには、事前に通販で注文をしておく必要があります。
常備しておけば、もしも事故が起こった時には、その場ですぐに使用することができ、早い時期に服用することで避妊効果も高くなります。

避妊の失敗というのは誰にでも起こる可能性があり、さらに一度失敗したから注意して二度と失敗しないようにできるというものでもありません。
同じ人でも何度も失敗をしてしまう可能性があります。
どれだけ注意をしていても完全に失敗をなくすことは相当難しいので、全ての人が避妊に失敗した時のことを考えておいたほうが良いでしょう。
アフターピルを事前に通販で購入して常備しておけば、もしもの時にすぐに対処できるようになります。

関連記事